【背景の色・画像】

スポンサーリンク



背景を変える

 
文字の色を変えられるようになったら、ページ背景の色も変えてみましょう。
背景の色を変えることで、文字の見えやすさなども変わります。
文字色に合わせて、見やすいページ作りを心掛けましょう。

背景の色を変える

背景の色を指定するには、以下の属性を使います。
・背景色を指定する属性
    bgcolor=”カラーコード”
 
 
これを、文字の色を変えたときと同様に、

<body の後に入れます。

<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body bgcolor=”#カラーコード” >
ページの内容
</body>
</html>

これで、このページの背景色が指定できます。

かんたんですね。

 

 


背景を画像にする

背景を画像にするには、背景の色を変えたときと同じ
bgcolor=” ” 属性を使い、カラーコードの代わりに画像URLを入れます。

<body background=”画像URL”>

画像URLの指定は、

・画像ファイルが、背景を指定したいページ.htmlファイルと同じフォルダ内にある場合は
相対パス(【○○○.gif】のようにファイル名のみ)で指定可能。

・画像ファイルが同じフォルダ内ではない場合は、
絶対パス(http:// から始まるURL)で指定する。

というところが注意点となっておりますので、

使用する画像ファイルの場所を確認にた上でURLを指定してください。


背景の[ 色・画像 ] の合わせ技

透過ありの画像を背景に使用する場合の話です。

この場合、背景の色も指定しておきましょう。

色も画像も指定する場合は、background=””と bgcolor=””の

2つの属性を入れます。

<body background=”画像URL” bgcolor=”カラーコードorネーム”>

せっかく透過のある画像を用いるなら、

背景の色が透けた方が良いですよね。

背景の画像を固定する

画像を使った背景の場合、

何も指定しないと、ページのスクロールに合わせて

背景もスクロールされますよね。

でも、いちいち画像も一緒に動かれるとなんだか
目がチカチカしてきますよね。

そんな時は、背景画像が動かないように固定しちゃいましょう。

背景画像を固定するには、bgproperties=”fixed” 属性を使います。

画像の指定と同じく、<body の後に記述します。

<body background=”画像URL” bgproperties=”fixed”>

これで背景のカスタマイズはOKですね!




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告



Translate »