初心者でもやるべき最低限のSEO対策3つ

アフィリエイトを始めようと、ブログを作成したは良いが誰も見に来てくれない…。

なんてことは、非常によくあることです。落ち込まないでくださいね。

作ったばかりのサイトで急に爆発的なアクセス数が得られるなんてことは、ほとんど無いと考えて良いと思います。

ましてや、ただの日記の様なブログの場合、あなたが有名人でないなら、まず、世界中の人はあなたがブログを始めたことにすら気が付かないでしょう。

スポンサーリンク



自分のサイトが検索結果に出てこない!

自分のサイトに関連するキーワードで検索してみるものの、何ページ先までも自分のサイトが検索結果に出ていない。サイトが完成し、いざ公開すると気になるのが、グーグルやヤフーなど検索エンジンでの検索結果の順位。

これは結構ショックを受けるものです。

サイトを開設したら検索エンジンの検索結果にも出てくるって、当たり前のように思っていませんでしたか?実は、そんな訳がないのです。

検索結果に表示されない原因

・自分のサイトがクローラーに見てもらえていない
・コンテンツ不足

クローラーとは?

Googleの検索エンジンには、クローラーというロボットがいて、みんなのウェブサイトを巡回しています。

このクローラーが、みんなのウェブサイト情報を収集しており、

この情報を元に、検索結果の順位を決めるための評価が行われます。

そのため、検索結果に入れてもらえない原因として、

そもそも自分のサイトをクローラーに見てもらえていない、ことが考えられます。

ページの公開制限は「非公開」になっていませんか?

metaタグのcontent属性で noindex を指定していませんか?
*metaタグをいじっていない人はたぶん大丈夫です。

metaタグは<head>タグ内で使用するタグで、

ページに表示される情報ではなく、

ブラウザやクローラー向けの情報を指定するものです。

このmetaタグにより、 noindex の指定をすると、

クローラーにインデックスされない(見てもらえない)ことになります。

一般的な使い道としては、

画像やリンクがいっぱいで、検索エンジンからの評価を下げることになる

「見てほしくないページ」に対して指定します。

それを間違えて、「見てほしいページ」にまで指定していると、

クローラーに見てもらえず、評価もされません。

以前、metaタグを編集してみたという心当たりがある方は、

一度確認してみることをおすすめします。


コンテンツ不足?

基本的に、検索結果には有用なサイトが上位に表示されるようになっています。

なぜなら、調べたい事がある人が、グーグル検索をしたとき、欲しかった答えが検索結果上位に出てきたとしたら、

その人は「グーグルは便利だな、もっとグーグルを使おう!」となりますよね。

それがグーグルにとって良い事なのです。

逆に、検索結果上位に、内容が薄っぺらなサイト、欲しい答えが書いてないサイト、使いにくいサイトが出てきたら、利用者は不便に感じるでしょう。

あなたのサイトは、検索結果上位に表示されるのに値しますか?

今一度、客観的になって考えてみれば分かるはずです。

コンテンツ不足のサイトが、検索結果上位に表示されないのは、そんな単純な理由なのです。

検索結果上位に表示されるために何をしたらいいの?

SEOとは、【Search Engine Optimization】の略で、検索エンジン最適化という意味です。それが、SEO対策です。

SEO対策というと、検索エンジンの検索結果に出やすいように対策しよう!ということです。

SEO対策が必要な理由


     検索結果上位入り→アクセス数アップ→収益アップ(アドセンス対策)

具体的には、どんな事をすればいいの?


 初心者でもやるべき最低限のSEO対策3つ

  1. キーワード対策
  2. コンテンツの充実
  3. 被リンクの獲得

追及すればキリがないほど奥が深いのがSEO対策なのですが、初心者でもすぐに実行でき、最低限これはやるべき!というSEO対策について紹介します。

1.キーワード対策

最適なキーワードを決める

検索結果からの訪問者を増やすために重要なのが、キーワード。何かについて調べようと思った人が、検索で使いそうなキーワードを用いて、キーワード対策をとることが大切です。

このキーワード設定を誤ると、本当にあなたのサイトの情報を必要としてくれる人に見つけてもらえません。

例えば、「猫の飼い方」についてまとめたブログに、「うちの○○ちゃん、かわいい、もふもふ」などのキーワードで対策しても、適切なキーワード対策とは言えません。

「猫の飼い方」を知りたい人は「猫、飼い方」などのキーワードで検索するでしょう。

ですから、この場合は「猫、飼い方、飼育方法」と言ったキーワードを設定することが望ましいです。

キーワード対策の方法  

実際にキーワード対策とは何をしたら良いのか。

ここからはHTMLの知識も少し必要となってきます。


キーワード対策の基本は次の3つ。

  • <title>タイトルタグの設定
  • <meta>メタタグの設定
  • <h1>見出しタグの設定



タイトルタグの設定  

タイトルタグ<title>~</title>は、<head>~</head>間に記述するタグです。

その名の通り、サイトのタイトルを指定することが出来ます。

<title>と</title>の間に書かれた文字が、タイトルと見なされます。

<title>ここにタイトルを書く</title>

ここで指定したタイトルは、ブラウザのいちばん上のところに表示されます。

タイトルタグの設定がなぜ重要かと言うと、検索エンジンのクローラー(サイトを評価するためwebサイト上を巡視している)がこのタイトルをチェックしているからです。

サイトの内容に適したタイトルを設定することにより、検索エンジンからの評価も高まり、検索結果順位の上昇へと繋がります。

自分のサイトが、検索結果に全く出てこないという方は、そもそもタイトルタグの設定すらしていない恐れもあります。

タイトルを設定した覚えの無い人は、自分のサイトのHTMLソースを開き、<head>タグ内に<title>タグがあるかどうか確認してみましょう。

メタタグの設定  

メタタグというのは、SEOを意識していないとなかなか聞きなれないかもしれません。

メタタグは、SEOにおいてキーワード対策を行う上で<title>タグと同じくらい重要です。

メタタグの中でも取り分け重要視したいのが、<meta description>と、<meta keyword>の2つです。

・meta description 

これは、検索エンジンの検索結果に表示される説明文を指定するものです。

一般的に、検索エンジンの検索結果には、タイトルと2、3行程度の文が表示されますよね。

この2、3行の説明文は、メタタグによる設定を行っていない場合、ページ内の文が自動的に表示されますが、文字数に制限があり、32文字までしか表示されません。

そのため、肝心な部分が表示されなかったり、検索しに来た人にも、サイトの説明がうまく伝わらず、結果、サイトへの集客を逃すことになりかねません。

これを防ぐために、meta descriptionタグを用いて、32字以内で「検索しに来た人の興味をひく説明文」を適切に設定することが重要です。

キーワードを上手く取り入れ、分かりやすく、「このサイトを見てみたい」と思わせるような説明文を設定しましょう。


・meta keyword 

その名の通り、キーワード設定をするタグです。タイトルに入りきれていない、サイトに深く関連のあるキーワードを指定しましょう。

タイトルに「猫の飼い方」と設定したのなら、meta keywordでは、「ねこ,ネコ,飼育,かう」など。



見出しタグの設定  

意外と出来ていたり、出来ていなかったりするのが見出しタグ<h1>をつけて記事を書くということ。

そもそも見出しのつけ方、タグ<h1>なんて知らなかったという方は、関連記事を参照してください。

関連記事【見出し・段落を付ける

SEO対策として、この「見出し」も「タイトル」のようにキーワードを含めて設定することが大切です。

もちろん、<h1>のみならず、<h2>、<h3>…もキーワードを含めるように書きましょう。



2.コンテンツの充実

検索エンジンからの評価をあげるには、サイトのコンテンツを充実させることが大事です。

前述したとおり、検索してやって来た人が、そのサイトを見て、欲しい情報がないな、使いにくいサイトだな、不便だな、この検索エンジンで検索してもろくな検索結果が出てこないな、と思ってしまったら検索エンジン側としては不利益です。

そのため検索エンジンは、なるべくコンテンツが充実した、みんなの欲しがる回答が載っているようなサイト、誰もが使いやすいと感じ、不快にならないサイトを、検索結果上位に表示ささようとします。

あなたのサイトは、十分なコンテンツを備えていますか?

コンテンツを充実させる方法とは簡単に言うと、

  1. 量を増やす
  2. 質を上げる

の2つなのですが、これが実はいちばん難しかったりします。

「量を増やす」と言うのは、ブログで言うと、記事の文字数です。

諸説あるようですが、最低でも1記事あたり1,000文字以上が望ましいようです。

もちろん、ただ文字数が多いだけではなく、きちんと情報がたくさん詰め込まれた記事の内容であることが大事です。

コンテンツの「質を上げる」には、記事のオリジナル要素が多いことが重要です。

他のサイトのコピペや引用ばかりでは、いくら文字数の多い記事であっても、高い評価は得られないでしょう。

また、記事のボリュームがあれど、リンクや画像ばかりの記事も、サイトの評価を下げることに繋がります。

訪問者にとって有益であるリンク、記事が読みやすくなる・理解しやすくなるために挿入された画像は、サイトの質を上げるために効果的とも言えますが、過剰に多くならないように心がけましょう。

「○○○のまとめ~」のようなリンクだらけのサイトになっている場合は要注意です。

3.被リンクの獲得

これは、「自分のサイトへのリンク」を他のサイトに貼ってもらうと言うことです。

みんなにとって有益で便利なサイトは、「このサイトは役に立ちますよ~」なんてリンク付きで紹介されることも多いですよね。

だこらこそ、みんなから支持されている「被リンクの多いサイト」は、検索エンジンから高評価を得るし、検索結果上位にも入れてもらえるのです。

あなたのサイトにも、どこか他のサイトのリンクがあるのではありませんか?有益なサイトを運営していれば、おのずと被リンクは増えていくでしょう。

それには、やはりコンテンツを充実させることが重要になってきます。

始めたばかりでは難しいかもしれませんが、いつかは、みんなが共有したくなるようなサイトになれることを目指して頑張りましょう!

以上。




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告