【管理技術Ⅱ】過去問【2015年】3

スポンサーリンク



【過去問・2015年】管理技術Ⅱ-3

問21

・蛍光ガラス線量計と問題に出てきたら、次のキーワードを思い浮かべて欲しい。

銀活性リン酸塩ガラスでできており、
読み取りには紫外線照射が利用され、
アニーリングにより情報を消すことができ、
繰り返し読み取りが可能で、
フェーディングが小さい

問22

固体秘跡と問題に出てきたら中性子を思い浮かべられるようにしよう。

熱ルミネセンスと問題に出てきたら、加熱行程があることをイメージしよう。

・フィルムと問題に出てきたら、現像を連想しよう。

OSL輝尽発光を用いている。

基本的にキーワードを繋げて瞬時に思い出せるのが良い。試験では役に立つ。

問23

・基本的に、人に影響ある放射線は数Gy以上である。
数mGyではなかなか影響は出にくい。

問24

骨髄→腸→中枢神経の順で期間が短い。この順番は覚える。
骨髄が一番弱そうだもんね。

・胎児の場合、何週間で、どの影響が出やすいとかがある。
成長段階で影響が出やすい部分が異なるため。
成長するほど影響が少なくなる。

問25

白内障は、確定的影響である。
そのため、線量の大小によって重篤度が異なる。
白血病と混同しないように注意。

・胎児に関しては、確定的影響のみ目立ち、勉強してしまいがちだが、ちゃんと確率的影響もあるので誤解しないように。

問26

・塩基のメチル化は、放射線と関係ない分野の話です。
放射線でメチル化ってメチル基どこから来たって話になるよね(笑)

・LETの定義からいけば、高LET放射線はいっぱい損傷を起こしそうっていうイメージを持てると試験で高得点を取れると思う。

・2本鎖切断は、2個の1本鎖切断がたまたま近くで起こったと考える。
つまり、1本鎖切断が近傍で同時期に起こる確率が2本鎖切断が生じる確率である。
そのため、確実に1本鎖切断よりも生じにくい。

問27

・M期は分裂、S期は合成過程である。
どちらも大事な時期であり、この時期に放射線照射されると影響を受けやすい。
つまり、生存率が低い。
感受性で問題が出てくる可能性もあるから気を付けよう。その場合は、生存率の逆だよ。

問28

・放射線による染色体の影響は、構造の異常。数の影響ではなく、構造の異常である。大事なことなので2回言った。

・二動原体ってのは、分かれるところが二つあるってこと。
つまり、綺麗に別れられないということ。

問29

・正直よくわからない問題である。生物をしっかりと勉強してきた人ならわかるのであろうか。
これは、その場で考えて解く問題だと思う。

・問題文からはガンを抑制するってことがわかるから、そこから推理していくしかないと思う。
捨て問題かな。

問30

・ヒドロキシラジカルは、酸化剤。還元剤ではなく、酸化剤である。大事なことなので2回言った。

・ラジカルの生成には、pHが関係あるらしい。初めて知った。
今後の試験にはでない確率が高いと思うよ。

・ヒドロキシラジカルがくっつくと過酸化水素になるよね。化学式的で考えると分かり易いと思う。




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告



Translate »