サッカーU20W杯 決勝トーナメント|橋下徹前大阪市長、政策顧問を退任|タイガー・ウッズ選手飲酒運転

サッカーU20W杯 決勝トーナメント|橋下徹前大阪市長、政策顧問を退任|タイガー・ウッズ選手飲酒運転

 

目次

・サッカーU20W杯 決勝トーナメント
・橋下徹前大阪市長、政策顧問を退任
・タイガー・ウッズ選手飲酒運転の疑いで逮捕

 

 

サッカーU20W杯 決勝トーナメント

 

30日、サッカーのU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会の、決勝トーナメント1回戦が行われた。
U20日本代表はU20ベネズエラ代表と対戦した。試合は、90分の闘いとなるも、互いに得点を挙げることが出来ず、前後半15分ずつの延長戦に突入した。

試合は後半に入っても膠着状態が続き、後半12分、日本は堂安のパスで裏へ抜け出した高木がシュートしたが、キーパーの好セーブにより惜しくもゴールとならず。

後半21分、ベネズエラもコーナーキックに合わせ、エレラがヘディングシュートを放ったが、得点とならず。

延長戦に入ったようだ。試合の結果はいかに。

 

 

橋下徹前大阪市長、政策顧問を退任

 

松井一郎大阪府知事が代表を務める日本維新の会で、法律政策顧問を務める橋下徹・前大阪市長が、党の政策顧問を5月末で退任することが判明した。尚、今後は法律顧問として勤めるという。

6月23日告示の東京都議選や、今後の国政選挙などを考慮し、メディアを中心として活動を継続していくためには、日本維新の会と一線を画し、公平性を保つ必要があると判断したという。

橋下氏は、市長の任期満了となった2015年12月、住民投票により「大阪都構想」が否決されたことを受け、政界を引退している。

政界引退後は、テレビ番組への出演や講演活動などメディアを中心に活動を続けながら、党の法律政策顧問も務め、政策面でのアドバイスなどを行っていた


メディアも政界もどっちでも上手くっていくことは難しいようだ。

 

 

 

 

タイガー・ウッズ選手飲酒運転の疑いで逮捕

 

元・男子ゴルフ世界ランキング1位のタイガー・ウッズ選手(米国)が、29日フロリダ州ジュピターで、飲酒運転の疑いで逮捕された。

複数の米メディアに報じられ話題となったが、現在は既に釈放されたという。

ここ数年、ウッズ選手は腰の痛みに悩まされていたという。

今年1月に1年5カ月ぶりに米ツアーの大会に出場するも、2月の試合で状態が悪化してしまい途中棄権となった。

4月には、腰や脚の痛みを取り除くための手術を受けたという。

 

腰の痛みや今回の一件を受け、今後どのような活躍が見れるのか、世界の注目が集まる。

 

 

 

 

以上。

タイトルとURLをコピーしました