京大とATR、心解読の新技術|京王線ロッカーでネット購入した本の受取可能に|大分で地割れ相次ぐ

京大とATR、心解読の新技術|京王線ロッカーでネット購入した本の受取可能に|大分で地割れ相次ぐ

スポンサーリンク



22日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで、京都大学の研究者らが「人が見たり、想像したりしている物体を、脳の活動パターンを人工知能モデルの信号に変換することにより推定する」ことに成功したことが発表された。

これは、「心を解読する技術」の大きな前進である。

成功させたのは、京都大学情報学研究科の神谷之康教授、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の堀川友慈主任研究員による研究グループである。

神谷教授のグループは、「人が何を見たかを推定する」方法には成功していた。

機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)を使い、人の脳の活動パターンを計測し、あらかじめ記録しておいたパターンと参照するという方法である。
しかし、この方法だと、推定可能な物体は、記録されたパターンに対応する物体に限定されてしまっていた。

そこで今回は、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で計測した脳の活動パターンを、人工知能で応用されている深層学習モデル(DNN)の信号に変換して利用したという。

あらかじめDNNで処理し得たインターネット上にある大規模画像データベースの信号と、人が見たり想像したりした時の脳由来のDNN信号とを参照することで、高確率で物体の推定をすることが出来たという。

神谷教授は「脳とDNNの情報処理が似ていることが示された。」「脳と機械を融合した新しい知能システムの開発に繋がる」と述べていた。

心を読解する技術が開発されようとは、科学の発展の進歩は著しい。将来的には、有効に使われる日が来るのが待ち遠しい。反面、心が読まれてしまうなんで少々怖い技術なのかもしれない…。面接で嘘をついてもバレる様になってしまうのだろうか。

京王線ロッカーでネット購入した本の受取可能に

5月22日、京王書籍販売は、インターネットで注文した書籍を、コインロッカーで受け取ることができる「当日受け取りサービス」を5月23日に始めると発表した。

利用できるコインロッカーは、一部の京王線の駅や啓文堂書店に設置されたロッカーである。

注文は1冊から可能で、このサービスは、本の代金に追加料金無く利用できる。

書籍の注文は、京王書籍販売が運営する啓文堂書店のウェブサイトから行う。

購入の際に、希望の受け取り場所ロッカーを選択し、ロッカー開錠用のパスワードを受け取るためのメールアドレスなど必要事項を入力し、クレジットカード支払いで注文する。

指定したロッカーに注文していた書籍が届くと、ロッカー開錠用のパスワードがメールで届く。

午後6時~午前10時まで(午前0時~始発までを除く)の受け取り時間内に受け取りに行き、完了。

午後1時までの注文で、その日の午後6時以降に受け取れるようだ。

このサービスが利用可能なロッカーがある駅は、新宿駅、渋谷駅、吉祥寺駅、明大前駅、調布駅、府中駅、仙川駅、聖蹟桜ヶ丘駅、高尾駅、京王多摩センター駅、橋本駅である。

※明大前駅、仙川駅、京王多摩センター駅では、改札内にロッカーがあるため、受け取りに行くには入場券が別途必要になるという。

23日以降、啓文堂書店のウェブサイトで、受け取り可能な店舗の情報が掲載されるという。

「帰宅途中などに気軽に商品が受け取れる」ことを狙ったこの新サービスは、明日22日から開始する。


宅配業界では値上げが話題となっているが、こうした新しい受け取り方のサービスは、良い方向へ行くのだろうか。

大分で地割れ相次ぐ

大分県豊後大野市で、広範囲にわたり確認されている地割れが問題となっている。

今月16日以降、豊後大野市朝地町綿田地区では複数の地割れが確認されている。

市や県などが状況調査を行ってきた結果、21日午後4時時点には、地割れの数は前日より18か所も増え、直径300メートルから400メートルの範囲で地割れが58か所確認されていた。

さらに、大きいところでは1時間に1.5ミリほど亀裂が広がっているとみられている。

そのため、市は危険な状態だと判断し、21日の夕方には、付近の住民に避難勧告が出された。

避難勧告が出された住民は、豊後大野市朝地町綿田地区に住む3世帯の計10人である。

市は、22日に自衛隊など関係機関と今後の対策などを協議する方針だという。

恐ろしい現象がおきている。危険ですので、くれぐれも近づくことのないように。


以上。




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告