介護施設化するサ高住で事故多利|Microsoft携帯電話事業クローズなるか|Amazonが「アマゾンフレッシュ」開始

介護施設化するサ高住で事故多発|Microsoft携帯電話事業クローズなるか|Amazonが「アマゾンフレッシュ」開始

スポンサーリンク



サービス付き高齢者向け住宅「サ高住」では、安否確認が義務づけられている。このサ高住で多くの事故が発生している。

少なくとも、2015年1月から1年半の間には3千件以上の事故が報告されており、国土交通省が改善に乗り出している。2011年に創設したサ高住は、自立した高齢者のための、”早めの住み替え先”として普及が期待されていた。

事故が多いとは言え、制度上は民間の賃貸住宅に近い「サ高住」だが、要介護者が入居者の大半を占めるという例も多い。

入居者の88%が要介護認定(要支援を含む)を受けている、さらには要介護3以上の重度者が30%という報告も出ている。
また、中には入所者の40%が認知症というデータもあるようだ。

このように「介護施設化」が進んでおり、国交省、厚労省は事故防止へと対策をとる姿勢だ。

これだけ要介護の高齢者が多く入居していれば事故も多くなるだろう。高齢化が進むと、高齢者の住居の問題はますます多くなるのだろうか。

Microsoft携帯電話事業クローズなるか

Windows10 Mobile端末を発売していたトリニティやVAIOなどのメーカーが相次いでAndroidの新モデルを発表している現在、米国のHPはまだ諦めていなかった。HPは2020年にサポートが終了するWindows 7の法人需要を期待し、見据えている。

米Microsoft社は、4月末の2017年度第3四半期決算で、携帯電話事業の売上が7億3000万ドル下落したと発表している。

今後、Microsoft社は携帯電話事業をクローズするだろうと言われているが、をどのような形でクローズを迎えるのか注目されている。


スマホではAndroidとiPhoneがメジャーだと思う。Microsoftが携帯電話事業を撤退してしまったらWindowsファンは惜しむことだろう。

Amazonが「アマゾンフレッシュ」開始

今年の4月21日からアマゾンジャパンが、生鮮食品を中心としたネット販売「アマゾンフレッシュ」の新サービスを開始した。

最近では、イオンやヨーカドーなどの大手小売業がネットスーパーに力を入れていたが、ここにアマゾンも参入した。競争はさらに激しさを増すのでは無いかと注目が集まる。

アマゾンは、独自サービスを戦力とし、配送料などの料金面では強気に出ている

アマゾンフレッシュでは野菜、果物、精肉、鮮魚、乳製品などの生鮮食品を1万7000点以上が扱われている。このほかに日用雑貨なども含めると、およそ10万点以上の商品が購入可能となっている。

大規模物流センターは川崎市に設置され、まずは東京6区域【東京都港、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)】を対象にする。

ヤマト運輸に頼れなくなった今、自社で配送網を整することとなったわけだが、注文から最短4時間で届けられるよう体制を整えたというので期待が高まる。

アマゾンは次々と新しいサービスを開始しているが、いつまで続くだろうか。雑貨も食品も、生鮮食品も全部アマゾンで揃ってしまう時代が来たのか。

以上。




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告



Translate »