原子力開発機構で被曝事故|福井もんじゅ廃炉決定容認へ|元KAT-TUN田中聖容疑者、釈放

原子力開発機構で被曝事故|福井もんじゅ廃炉決定容認へ|元KAT-TUN田中聖容疑者、釈放

 

目次

・原子力開発機構で被曝事故
・福井もんじゅ廃炉決定容認へ
・元KAT-TUN田中聖容疑者、釈放

 

 

原子力開発機構で被曝事故

 

6日、茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構 大洗研究開発センターで、作業員5人が被曝する重大な事故があった。

事故があったのは、新型燃料などの研究開発を行っている、燃料研究棟にある分析室。
5人の作業員は、午前11時15分頃、ウランとプルトニウムの入った保管容器の点検中に、放射性物質が漏れて被曝した。作業員らは、実験終了後の核燃料の保管状況を調べているところだったという。

二重のビニールで包まれた実験終了後の核燃料は、金属容器に保管されており、作業員が金属容器のフタを開けたところ、中のビニールが破損し、放射性物質が飛散した。

ビニールの破損は、圧力の変化が原因と見られている。

この事故により、5人の作業員のうち3人は、鼻腔内に、プルトニウム由来とみられる最大24ベクレル(アルファ線)の汚染が確認された。
体調不良を訴える作業員はいなかったが、体内に入った放射性物質からの内部被曝についても調査したところ、7日には、5人全員の肺からプルトニウムが検出されたという発表があった。

この5人は、千葉県にある放射線医学総合研究所に搬送され、体内に入ってしまった放射性物質の排出を促すための処置を受けている。

当初、原子力機構は「健康に影響が出る程ではない」としていた。
また、外部への放射性物質の影響はなかったともされている。

放射性物質は、優れた燃料であると同時に、非常に危険で恐ろしいものだ。普段身近にないものなのでピンと来にくいが、放射性物質について勉強してみると、分かるだろう。たとえ微量だとしても、被曝してしまう事故は起きてはいけないと思う。徹底的にやっていかないと、今回のように大きな事故に繋がりかねない。

 

 

福井もんじゅ廃炉決定容認へ

 

福井県の西川一誠知事は、昨年末に政府が廃炉を決定した、福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」について、7日に首相官邸で開かれた「もんじゅ関連協議会」で決定の容認を表明した。

1994年に初臨界した「もんじゅ」は、ナトリウム漏れや炉内で燃料交換装置が落下するという事故が発生していた。

およそ1万点になる機器点検の漏れなどもあり、昨年12月に政府は廃炉にする方針を決定していた。
これに対して西川知事は、地元に対する説明が不十分なまま決定されたとして、廃炉を容認しない姿勢を示していた。

5月20日に、松野博一文部科学相が福井県庁を訪れ、政府が廃炉作業に強くかかわる方針を説明した際にも、西川知事は、県外に放射性廃棄物を搬出することや、地域の振興策を協議する場を設けることなどを要請していた。


原子力発電には常に危険が伴う。しかし、そのような設備も何処かには設置しなくてはならない。そんな危なっかしい設備を近くに作られたら地元の人たちも戸惑うだろう。

 

 

 

 

元KAT-TUN田中聖容疑者、釈放

 

大麻所持の疑いで逮捕された「KAT―TUN」の元メンバー田中聖容疑者(31)が、7日に処分保留のまま釈放された。

今月4日、東京地検は、10日間の勾留期限延長を決めていたが、処分保留のまま7日に釈放される見通しだということが、6日に明らかになった。

田中容疑者は5月24日、東京都渋谷区の路上に止めたワンボックスカーの車内に、若干量の乾燥大麻と、大麻の吸引に使う巻き紙を所持していたとして現行犯逮捕された。

田中容疑者は調べに対し「自分のものではない」と容疑を否認したが、尿検査では大麻の陽性反応が出ていた。

 

使用していても、持っていても自分のものでないと言えば簡単に釈放されてしまう。これでは、持たなくなる人はいないだろう。

 

 

 

 

以上。

タイトルとURLをコピーしました