安倍総理閉会中審査|仙台市長選|元モー娘。福田明日香 離婚報告

安倍総理出席の閉会中審査|仙台市長選|元モー娘。福田明日香 ブログで離婚を報告

目次

・安倍総理出席の閉会中審査
・仙台市長選
・元モー娘。福田明日香 ブログで離婚を報告

安倍総理出席の閉会中審査

24日から25日に、国会で安倍総理が出席する閉会中審査が衆参両院で開かれる。

野党側は政府側に対し、獣医学部の新設をめぐる「加計学園」問題や南スーダンPKOに関する日報問題などについて追及した。

きょう24日に開かれた衆議院の閉会中審査では、「説明責任を果たしたい」と、安倍総理自らが答弁に立った。
「加計学園」獣医学部新設の選考過程が公正に行われたことを明らかにしたい政府・与党側は、総理自身による説明で国民を納得させることができるかどうかが焦点となった。

また、参考人として出席した前川前文部科学次官に加え、前川氏に「総理の意向」などとして獣医学部の新設について対応を迫ったとされる和泉総理補佐官らが出席した。

加計学園問題について、納得のいく説明ができるのだろうか。

仙台市長選

この度の仙台市長選は、国政の与野党対決の構図となった。

自民・公明両党の県組織や日本のこころが支持する冠婚葬祭会社社長の菅原裕典氏(57)と、民進・共産・社民各党の県組織と自由党が共闘する元民進党衆院議員の郡和子氏(60)の対決に注目が集まった。

選挙の結果、「加計学園」問題や自民党議員による暴言・失言問題などの影響が出た菅原氏は、郡氏に敗れる結果となった。

菅原氏については「タイミングが悪すぎた」との声が陣営からも出ている。
一方、「加計学園」問題などで安倍政権批判を繰り返していた郡氏側については、民進党の岡田克也元代表ら各党幹部クラスの仙台入りを果たした。

毎日新聞社により実施された、仙台市長選で投票した有権者に対する出口調査の結果によると、主な政党支持率は、自民24%▽民進13%▽公明4%▽共産4%--など、無党派層は52%だった。


仙台市長選にまで、加計学園問題は大きく影響しているようだ。この問題は解決するするのだろうか。

 

 

元モー娘。福田明日香 ブログで離婚を報告

元モーニング娘。で、音楽グループ「PEACE$TONE」のボーカルとして活動する福田明日香(32)が、2016年7月に離婚していたことが明らかになった。

福田は、23日に自身のブログで「2015年4月に入籍いたしました夫と2016年7月に離婚いたしました。関係者の方々、そして応援してくださっている方々に、私的なことでご迷惑をお掛けしました事を心よりお詫び申し上げます。また、お知らせが遅くなってしまい大変申し訳ございません」と離婚を報告した。

離婚の報告が、離婚から1年経過してからになったことについては、「出産後すぐの出来事だったため、しばらくは精神的に葛藤があり、離婚してこれから1人で子育てしていくことを受け入れ、前向きになるまで時間を要してしまいました」と説明している。

また、「これから私は責任をもって子供を幸せにする努力を惜しまず、音楽活動にも全力投球でのぞんでまいります。どうぞ皆様、何卒暖かい目で見守ってください」とも綴られており、音楽活動も継続させるつもりだということがうかがえる。

モーニング娘。時代も、人気絶頂期に早々と引退してしまった福田明日香だが、離婚も早かったようだ。

 

 

 

 

以上。

タイトルとURLをコピーしました