東横イン受信料19億円|樋口ノーミスで4位、三原転倒するも8位

 

スポンサーリンク



東横イン、NHK受信料19億円

NHKが「東横イン」とグループ会社に対し、ホテル各室にテレビがあるにもかかわらず、受信料が支払われていないとして、未払い分を求めた訴訟の判決が29日、東京地裁(中吉徹郎裁判長)から言い渡された。

判決【約19億3千万円(ほぼ請求通り)の支払いを、東横イン側に命じる】2014年に東横イン側がNHKと全部屋分の契約をするまでの2年間の未払い分が、支払いの対象だ。

東横イン:「この2年間は、『一定の割合の客室のみの契約』という内容でNHKと合意、残りの客室は支払いが免除されていた」と主張。

NHK:「残りの客室の支払いも免除していない」と訴え。

○なぜ受信料の支払い拒否が問題になっているのか?

そもそも、受信料の支払い拒否が増加した原因は、NHKの不祥事が相次いで発覚したことが原因であると言われている。

そこで、NHKは公平な負担を図るため、2006年以降、法的手段に乗り出している。

2009年以降は宿泊施設を対象に、部屋数に応じた支払いを求める内容で訴訟を起こしている。

そして2014年以降は、部屋数に応じた支払いを命じる判決が出ていたのだ。

受信料の支払いは、放送法で決められています。

ホテルのような、テレビがたくさんあるところでは、部屋一つ一つに受信料を求められたらさぞかし大変なのでしょう。

しかし、このニュースの内容だけでは、払っていないのが悪いのか、否かはわからないでしょう。

受信料の支払いを法律により決めるのであれば、支払いに関してあいまいなことが無いような法律にすべきだと思います。

どこまでが良くて、どこまでが悪いのかはっきりわからないような法律では、皆どうしようもないですよね。

フィギュアスケート世界選手権 女子SP【速報】

1位 ケイトリン・オズモンド/カナダ/75.98
2位 カレン・チェン/米国/69.98
3位 カロリーナ・コストナー/イタリア/66.33
4位 樋口新葉/日本/65.87
5位 チェ・ダビン/韓国/62.66
6位 マライア・ベル/米国/61.02
7位 トース・イヴェット/ハンガリー/61.00
8位 三原舞依/日本/59.59
9位 李香凝/中国/58.28
10位 ルナ・ヘンドリックス/ベルギー/57.54

樋口新葉はノーミスの演技で暫定4位だそうです。

三原舞依は転倒もあったそうですが、10位以内に、日本人が2人ってすごいと思います。

十分の二、つまりパーセンテージにすると、20パーセントです。

すばらしいことですね。

以上。




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告



Translate »