8%→10%消費税増税前に買うもの・やることランキング2019

2019年10月の消費税増税に向けて、「増税前に買っておきたいもの」 「増税前にやりたいこと」をランキングにしました。

軽減税率制度の対象品目も考慮し作成しています。

増税直前に焦らないように、今からチェックして増税前のお買い物対策をしておきましょう!

働き盛りなアラサー世代の、リアルな買っておきたい・やっておきたいたいものランキングトップ10です。

スポンサーリンク



消費税増税はいつから?

現時点では、増税は平成31年(2019年)10からと決定しています。

10月なので元号は、平成から新元号の元年にかわっている時期ですね。

→新元号は「令和」になりましたね。(令和元年 追記)

この記事作成時点からは、まだ数か月ありますので、今後、変更点や追加情報が出てくる可能性も考えられます。

→いよいよあと1ヶ月を切りました。(令和元年 9月追記)

最新の情報は、国税庁のHPなどで確認してください。

この記事作成にあたっても、国税庁のページを参考にしました。

参考にしたページ:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/01.pdf

増税は、他人事ではありません。

お金に生活に関わることなので、きちんと読んで理解しておきましょう!

軽減税率制度は、いつからいつまで?

一部の対象品目が消費税8%のまま据え置きとなる、軽減税率制度は、消費税増税が開始される2019年10月からと発表されています。

しかし、いつまで続くのか?実施期間については、現時点では公表されていません。

これでは「いつまで軽減税率が適用されるかわからないから、今のうちにたくさん買っておこう!」と、なってしまいますね。

消費をアップさせるための策なのでしょうか。

とにかく、いつまでかはわかりませんが、この軽減税率の対象となっていない品目は、2019年10月に増税してしまいますので、今のうちに買っておきたいところです。

2019年10月に増税が決定しているものはこちら。

軽減税率の対象ではないもの

・外食

・酒類

・ケータリング等

・一体資産 (おもちゃ付きのお菓子など。税抜価額が 1 万円以下であって、食品の価額の占める割合が 2/3 以上の場合は軽減税率の対象)

・医薬品、医薬部外品

これらを考慮し、ランキングを作成しました!

ランキング作成に当たって

ランキングは、私の個人的な観点から作成いたしました。

なぜなら、「これを買うべきだ!」と言うのは、人や状況によって変わってくるからです。

増税前には、高額な買い物をした方が良いと考えがちですが、実際「家を買う」なんてことは、増税前の数か月でできることではありません。

筆者のようなアラサー未婚にとっては、非現実的です。

しかし、人によっては違うと思います。

40代でそれなりに貯金もあり、子供が生まれる予定があり、夢はマイホーム…なんて人だったら「家を買いたい」と思うかもしれません。

その為、このランキングは、私の個人的観点から作成したランキングとなります。

読む前に、ご承知おきくださいませ。

私と同じアラサー世代にとっては、リアルな買いたいもの・やりたい事ランキングとなっているかもしれません!

兎にも角にも、このランキングが、どなたさまにとっても、少しでもお買い物の参考になれば幸いです。

増税前に買うもの・やることランキング トップ10

10位 引っ越し・家を買う・住宅のリフォーム

先ほども、「家を買う」は、私にとっては非現実的だと言いました。

確かに、高額な買い物となりますので、今後購入予定があるのなら、増税前に済ませておきたいところです。

しかし、大きな買い物故、「焦って決めない方が良い」とも考えられます。

焦って判断を誤ると、増税以上の痛手を食らうことになり兼ねません。


フリーター、家を買う。スペシャル Blu-ray

増税前に家を買うのなら、少なくとも1年以上は余裕をもっておくべきだったのではないでしょうか。

増税まで残り数か月となった、今となっては、焦って家を買う必要はないかもしれません。

増税前の駆け込み需要を狙い、値上げされている恐れもあるので、あまりお勧めは出来ません。

大事な事なので焦って決めてしまうと、増税以上に痛手を食うかもしれません。

しかし、引っ越しやリフォームだったらしておいた方が良いかも!と思います。

「家を買う」ほどの、高額な出費ではないにせよ、意外とお金がかかることです。


人生が変わるリフォームの教科書 片づけなくても片づく住まいに

賃貸住まいの方も、今よりもっと良いところへ引っ越したいなぁ…などとお考えなら、増税前に済ませた方がよいかもしれません。

引っ越しにかかる費用は、あれやこれやで馬鹿にならないので、少しでも抑えたいところ。

リフォームも同様に、意外とお金がかかるので今からでも間に合うならやっておきたいですね。

また、大きな家具の購入も、できれば消費税増税前にしておきたいですね。

今からでも遅くはありません。

とりあえず一度、家の中を見まわしてみて、本当に必要な物・不要な物を洗い出してみると良いと思います。

そこで、買うべきだと思ったものは増税前に購入を検討しましょう!

9位 家電・スマホ・PC


家電批評 2019年 4月号 [雑誌]

私たちが日ごろ使うものの中で、それなりに高価格帯なものと言えば電化製品やパソコンですね。

パソコンやスマホはもちろん、増税前に買いたくなりますが、どんどん新型のものが出るので、あまり焦って買っても、すぐに新しいものが欲しくなってしまうかも。

長期で使う見込みがあるのなら、増税前に買っておきたいですね。

同様に、家電も長く使えそうなものは買っておいて損は無いでしょう。

冷蔵庫や洗濯機など、そうそう買い換えないようなものだったら良いと思います。

シャープ メガフリーザー 冷蔵庫 474L メタリックブラウン SJ-GT47D-T

ゲーム機などは、すぐに新型が発売される恐れがあるし、新しい物が出れば旧型は価格が下がる可能性もあるので、急いで増税前に買うべきかどうかは、ちょっと怪しいところです。

SDカードやUSBメモリなど、半消耗品的なものも買い置きしていても良いかもしれません。

増税に関係なく、急に価格が高騰することもめずらしくはないので、SDカードなどのようにかさばらない物は、ある程度ストックしてあると安心です。

8位 一体資産 (おもちゃ付きのお菓子など…)


日本懐かしおまけ大全

おもちゃ付きのお菓子も、軽減税率の対象となるのは、「税抜価額が 1 万円以下であって、食品の価額の占める割合が 2/3 以上」のものだけです。

ほとんど“おまけメイン”な商品は、増税対象のようです。

食品の価額の占める割合が 2/3 以上」に当てはまらないおもちゃ付きお菓子って、どんなものがあるのでしょうか?

例えば、こんな商品でしょうか?


まほうのルミティア ルミティアジュエル [全11種セット(フルコンプ)]


ポケモンテラリウムコレクション4 フルコンプ 6個入

おまけ付きのお菓子って、子供の頃に買ってもらいませんでしたか?

今どきのおまけ付きお菓子は、おまけがかなり豪華になっていますね。

これは、贅沢品と見なされて増税対象になってしまうのも無理ないかもしれません…。

普段買うことはないけれど、増税したら絶対に買わなくなりそうですね。

それなら、今のうちに買っておこうかな…。

買えなくなると思うと欲しくなってしまうのが人間の性です。

7位 医薬品、医薬部外品

医薬品まで増税されると痛いですね。

風邪を引いたとき、体調を崩した時、買わないわけにはいきませんし。

常備薬など、期限の長そうなものは今のうちに買いそろえておきたいです。

飲み薬以外にも、栄養ドリンクなど「医薬部外品」に該当する商品にも気をつけてください。

例えば、栄養ドリンク美白関連商品なども医薬部外品のもがありますので、それは増税対象です。


【医薬部外品】デオナチュレ ソフトストーンW 

例えば、こんな商品も「医薬部外品」


【医薬部外品】メラノCC 薬用しみ・ニキビ 集中対策 Wビタミン浸透美容液

美容関連の商品も増税の対象にしたら、多くの女性を敵に回すことになるのでは…?

日本に美人を増やすためにも、こういった商品は増税しないで欲しいです、というのが個人的な意見です。

長期保存ができるものは今のうちにまとめ買いしましょう!

6位 化粧品


コスメデコルテ メイクアップコフレ 限定品

女子の必需品!

化粧品も、もちろん増税の対象です。

せめて、増税対象はハイブランドの化粧品のみ、とかにして欲しいところです。

化粧品は、毎日使うものだから、すこしでも安く買っておきたいですね!!

食べ物と違って、賞味期限はないのでなるべくなら今のうちに買っておきたいですね。

5位 娯楽施設のチケット


テーマパーク&レジャースポットぴあ

遊園地やアミューズメントパークなどのチケットは、買ったその日に利用しなければならない当日券などを除き、有効期間のあるものは、増税前に買うべきだと思います。

ディズニーランド、ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンなどは、増税に関係なく頻繁に入園料の値上げも起きているので、早めの購入がおすすめです。


東京ディズニーリゾート クロニクル35年史 (My Tokyo Disney Resort)

「いつか行こう」と思っていると、値上げが生じるたびに、どんどん行き難くなってしまいます。

また、このような娯楽施設では、お土産やグッツのお買い物にもお金がかかります

これが意外な盲点だったりします。

ここでもまた、消費増税の影響を受けることになるので、やはり、増税前に行っておくべきだと言えるでしょう。

ただし、購入するときは有効期限をきちんと確認してくださいね!

東京ディズニーランド&シーお得技ベストセレクション

4位 エステ

エステだって消費税がかかります!

できることなら増税前に行っておきたいですね!

数か月分のコース料金とか、年会費とかは、一括で増税前に払えば、増税後も追加料金かからずに利用できるのかな…?

どうでしょう、気になりますね。

お店に問い合わせてみて、もし増税後も料金変わらずなら、増税前に支払いを済ませておきたいですね!

3位 ブランドもの


HERMES Birkin bag

ブランドものは価格が高い分、消費税増税の影響も大きく感じます。

流行のデザインは、毎年変わりますが、定番の商品はいつまでも使えます

本革製品など、長く使えるものは今のうちに買っておきたいですね。

増税前にまとめ買いしましょう!

2位 外食

多くの食品は、軽減税率の対象となるみたいですが、外食は違います。

ファストフードなどでも、テイクアウトなら軽減税率対象イートインなら対象外など、ややこしい問題があります。

100円のハンバーガーが、108円になるか110円になるか、という問題ですね。

たった2円の差ですが、これがレストランでの食事のように高額となると影響も大きいと思います。

消費税が8%から10%に引き上げられることにより、生じる差額は以下の通りです。

1,000円なら、1,080円か1,100円、その差20円。

チロルチョコ1個分うまい棒2本分の差は生じます。

チロルチョコ 100個セット

10,000円なら、10,800円か11,000円、その差200円。

コンビニコーヒー2杯分ハンバーガー2つ分の差が生じます。


コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか

毎日のランチで、100円200円をケチって節約していることが、

スーパーで10円20円安い商品を探していることが、馬鹿らしくなりますよね。

増税後は、気軽に外食も楽しめません。

今のうちに、外食を楽しんでおきましょう!

女子会や飲み会を開くなら今のうち!

みんなでぱーっと楽しんでください!


ミシュランガイド東京2019

1位 旅行

交通費・宿泊費・食費・お土産費…何かとお金がかかるのが旅行です。

でも、せっかくの楽しい旅行、お金のことを気にせずに楽しみたいですよね。

できれば増税前に旅行を楽しんでおきたい!


ひきこもりでも旅がしたい! Vol.5

予定を立てるのは、今からでも遅くはありません。

今年、2019年は4月から5月にかけて、最大10連休となる大型のゴールデンウィークがあります。

平成最後の記念に、新元号のお祝いに、ぱーっと旅行に行ってリフレッシュするのもいいかもしれません♪

また、消費税増税は2019年10月からなので、9月の連休に向けて旅行の計画を立てても良いですね。

来年、2020年は東京オリンピックが開催される影響で、国内旅行は価格高騰や混雑が予想されます。


3つの東京オリンピックを大研究 (3) 2020年 東京オリンピック・パラリンピック

旅行に行くなら今のうち!

まとめ

いかがでしょうか。

消費税の増税は、かなり痛いですね。

直前になって、焦って変な物にお金を使わないように、今からじっくり計画的に、増税前のお買い物をしておきましょう!




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告



Translate »