夏の甲子園・優勝は花咲徳栄|シェア自転車が札幌でスタート|連携プレーで痴漢逮捕・JR神戸線

夏の甲子園・優勝は花咲徳栄|シェア自転車が札幌でスタート|連携プレーで痴漢逮捕・JR神戸線

スポンサーリンク



第99回全国高校野球選手権大会

最終日となった23日、阪神甲子園球場でおこなわれた決勝戦は、

14-4で花咲徳栄(埼玉)が、広陵(広島)を降し、春夏通じて初優勝を飾る結果となった。

花咲徳栄(埼玉)は、3年連続5回目の出場、広陵(広島)は3年ぶり22回目出場であった。

全6試合で2桁安打となる16安打を放った花咲徳栄は、継投で広陵の追い上げをかわした。

関東勢は夏の選手権で初の3連覇となった。

広陵・中村による1大会個人最多本塁打記録を更新する6本塁打が放たれ、3安打したものの打点は挙げられず、夏の初優勝は果たせなかった。

今大会の総入場者数は前回より1万人少なく82万7000人だったが、10年連続で80万人超を記録したと言う。

なんと関東勢は、夏の選手権で初の3連覇だったそうだ。埼玉の方々は大変盛り上がっているでしょう。総入場者数も、10年連続で80万人超とはすごい。今年も甲子園が終わった、となるともうすぐ夏の終わりを感じる。


シェア自転車が札幌でスタート

スマートフォンを活用したシェア自転車の、中国大手である「Mobike(モバイク)」。

これの日本法人「モバイク・ジャパン」が23日より、国内初のシェア自転車事業を札幌市でスタートした。

コンビニエンスストアやドラッグストアなどの店舗敷地内に設置された自転車は、50円(30分当たり)で利用できる仕組みだ。

市民や外国人を含めた観光客の利用を見込んでいるという。

スタート時点で利用可能なのは、JR桑園駅-琴似駅、地下鉄東西線西18丁目駅、宮の森地区など中央区と西区にまたがるエリアである。

セコマやサッポロドラッグストアー、石屋製菓がパートナー企業となって、店舗前などの十数ヶ所の専用置き場に、自転車数百台を用意ている。


面白い取り組みだ。観光地を効率的に回るのに適しているだろう。歩いて回るのも観光の楽しみ方の一つだが、観光地点があちらこちらに離れている場合、歩いていると時間ばかりかかる。かといって、電車やバスやタクシーを利用するほどの距離でもない、と言うことはよくあるだろう。そんな時に、自転車なら景色も楽しみながら、歩くよりも速く移動できるため、効率的だ。事故や、違法駐車が増えないように、活用されると、観光地の活性化にも良いだろう。

連携プレーで痴漢逮捕・JR神戸線

22日、JR神戸線の電車内で女性の体を触ったとして、明石市の会社員の男(36)が県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。

逮捕時には、被害を訴えた女性と駅員、警備員がリレーのように連係して容疑者を追いかけ捕まえたという。

兵庫県警須磨署によると、逮捕された男は21日午後9時40分ご頃から午後10時10分頃の間、JR大阪駅から神戸駅間を走行中の快速電車内で、隣に座っていた無職の女性(34)の体を触った疑いがある。

電車が須磨駅に到着する直前、女性が「降りて下さい」と男に声をかけ、一緒に下車。
その後、男はホームで逃走したため、女性は改札まで追いかけて行き、男性駅員に「捕まえて」と声をかけた。
男は須磨海岸方向へ逃げた男を駅員が追い、さらには海岸の男性警備員(63)に協力依頼を要請。
駅から約100メートル離れた歩道上で、ようやく警備員により男は捕まえられたと言う。

男は「触りました」と容疑を認めているという。

勇気を出した女性の行動により逮捕につながった結果となった。逃げ出した男を、ひとりで追おうとせず、駅員へ協力を依頼したのは正しいと思う。女性が一人で追っていたら、もしかしたら逆ギレされて襲われたりしていたかもしれないし、捕まえることすら出来なかったかもしれない。こういう時に、駅員と付近の警備員などが素早く連携がとれるようになっていると、安全対策として良いのだろう。

以上。




スポンサーリンク
関連コンテンツ広告



Translate »