福岡ライフル男立て篭り|蕨強盗致傷|衣浦港ヨット転覆|ジャガイモ品薄

福岡ライフル男立て篭り|蕨強盗致傷|衣浦港ヨット転覆|ジャガイモ品薄

目次

・福岡ライフル男アパート立てこもり事件
・埼玉蕨で現金入りバッグ奪われる事件
・ジャガイモ品薄による価格高騰が続く
・衣浦港で半田高校ヨット部員が転覆事故

 

 

福岡ライフル男アパート立てこもり事件

 

29日、福岡県篠栗町で立てこもり事件が発生した。

アパートに立てこもったのは、ライフルのようなものを所持した男だった。立てこもり発生から約9時間後、男は警察に身柄を確保された。

事の発端は、警察が迷惑駐車の通報を受け、その車の所有者である男の住んでいるアパートの一室を訪ねた事による。

このアパートの一室に住む50代の男は、警察に対しライフルのようなものを突き付け室内に立てこもった。警察は、隣の部屋の住人や、周辺住民に避難を呼びかけた。

立てこもり発生から約9時間が経過した頃、警察が合鍵で部屋に入ることに成功。男の身柄を確保し、公務執行妨害の疑いで逮捕した。

警察により、部屋からはライフルのようなものが複数押収されたというが、それらはニセ物とみられている。

 

駐車違反もして、立てこもりもして、ニセモノのライフルを沢山所持するなど、こんな人たちの為に税金を使い警察が出動するはめになるとは、困ったものだ。

埼玉蕨で男性が現金入りバッグ奪われる事件

 

29日、埼玉県蕨市の市道で、男性会社員が2人組みの男に襲われ、現金の入ったバッグが奪われる事件が発生した。

男性会社員(25)は、徒歩で帰宅途中であり、明るい通りから人気の少ない通りに入った直後に、背後から近づいてきた2人組みの男に羽交い締めにされるように襲われた。2人組の男は男性を引きずり倒す、顔を殴るなどの危害を加えた後、現金4万円などが入ったバッグを奪って逃走した。

蕨署が強盗致傷事件として捜査をしている。


人気の少ない通りは、女性や子供だけでなく、若い男性でも襲われる可能性がある。十分に気を付け、できることなら近づかないことが望ましい。

ジャガイモ品薄による価格高騰が続く

 

去年の台風の影響によるジャガイモの品薄が続いている。大手メーカーも一部のポテトチップスの販売休止などの対応を迫られており、ポテトチップスの復活はまだまだ先になりそうだ。農林水産省によると、ジャガイモの価格は平年と比べ2割以上高くなる見込みで、来月もジャガイモの品薄の状態は続くという。

さらに、来月後半にタマネギの出荷を迎える佐賀県でも、生産量が減少しており、この影響でタマネギの価格も平年より2割以上高くなると予想されている。

尚、現在平年より高い価格となっている白菜は、今後、茨城県産で出荷の最盛期を迎えるため、来月後半には平年並みに落ち着く見込みである。

 

最近では健康思考のブームにより、国産の野菜しか食べないという人も多く存在する。国内で野菜の不作や価格高騰が起こると、そう言った消費者にダメージがある。天候による被害などはどうしようもないが、野菜が採れなくなるのは困る。地球温暖化なども本気で防がないと美味しい野菜が食べられなくなる未来は近いかもしれない。

衣浦港で半田高校ヨット部員が転覆事故

 

29日、愛知県半田市の衣浦港で、練習中だった愛知県立半田高校のヨット部員が突風にあおられ、ヨット10艇が転覆する事故が発生した。

海に投げ出された生徒20人は衣浦海上保安署などにより、およそ1時間40分後には全員が救助され、このうち8人が病院に搬送されたが、怪我などは無く、全員無事だった。

現場周辺では風が強くなったため、練習を止めて岸へ戻ろうとしていたという。気象台によると、中部国際空港で午後2時51分に最大瞬間風速23.7メートルを観測していたという。

 

全員が無事で良かった。これからの季節、海での事故が増える。天候も変わりやすいので、注意が必要だ。

 

以上。

タイトルとURLをコピーしました